一般貨物自動車運送事業|手続の流れ|

一般貨物自動車運送事業の許可申請は、おおよそ以下の順番で進みます。

また、許可後の手続もいろいろありますので、申請の準備を開始してから、
実際に運送業を開始するまでには1年くらいかかります。

(1)土地・建物等の用途条件調査
運送業に使用する営業所・駐車場・休憩施設等が、
農地法・都市計画法・建築基準法等の関連法令に抵触しないことを確認します。

(2)申請書類の準備
①営業所・車庫・休憩施設・車両等の使用権限に関する書類の準備
②運送業開業資金等の計算、検討
③その他必要書類の準備

(3)申請書作成
→ 申請
↓(原則申請した月の翌月)
(4)法令試験の受験
許可後、申請する事業に専従する役員が受験します。
1申請当たり1名しか受験できません。
※合格基準に達しない場合は再試験となり、2回目の受験で不合格の場合は、
申請を一旦取り下げ、再申請しなければなりません。
↓(申請より3~4ヵ月後)
(5)許可通知
申請内容に不備・疑義等がなければ、通常3~4ヵ月後に許可通知が届きます 。

(6)登録免許税(120,000円)の納付

(7)許可証交付式
↓(6ヵ月以内)
(8)許可後の手続
①諸施設の整備・法定帳票類整備
②運行管理者・整備管理者の選任届出
③車両登録(緑ナンバー取得)
④運賃及び料金の設定届出
⑤運輸開始届(運送業の開始)

行政書士法人あさひ法務【twitter】

行政書士法人あさひ法務【facebook】