外国人手続き申請代行

・在留資格認定証明書交付申請

・留資期間更新許可申請

・在留資格変更許可申請

・永住許可申請

・再入国許可申請

・資格外活動許可申請

・就労資格証明書交付申請


 ●「外国にいる家族を日本に呼び寄せて会社の経営を手伝ってほしい。」
●●●「即戦力となる外国人を雇いたい。」とお考えの事業主のみなさんへ

 ●外国人の方が本国のご家族を呼び寄せるには?

 ●「外国人と会社を経営したい。」
●●●「外国人を雇いたい。」とお考えのみなさんへ


「外国にいる家族を日本に呼び寄せて会社の経営を手伝ってほしい。」
「即戦力となる外国人を雇いたい。」とお考えの事業主のみなさんへ

「経営・管理」という在留資格があります!
(2015年4月に「投資・経営」の資格がリニューアルされました。)
外国人の方が日本に来て働くには、在留資格を持っていることが必要です。
観光ビザや短期滞在の資格で日本に来ても働くことはできません!

そして、在留資格の一つに「経営・管理」があります。
この資格があれば、日本の会社の取締役や、経営を手伝うマネージャーとして働くことができます。

<「経営・管理」の資格ととるためにはどうしたらいいの?>

呼び寄せたい外国人の方が本国にいる間に、その外国人の方を雇いたいと考えている事業主の方が入国管理局に資格取得の申請をすることができます。
資格を取得するのに、最低3ヶ月、長いと1年以上かかることもあるので、早めに準備をして申請することが必要です。
※あさひ法務では、この申請のお手伝いをしています!

<申請ではどのようなことが審査されるの?>

①経営または管理について3年以上の経験
勤務していた会社に経験があることの証明書を書いてもらいます。
(英語などの外国語でかまいません。)
これから働く日本の会社での業務と似ていることが必要です。
②会社の規模
外国人の方の力を必要とするだけの売上や従業員数があることが必要です。

外国人の方が本国のご家族を呼び寄せるには?

外国人の方が日本に来日して仕事が軌道にのってきたので、「そろそろ妻(夫)や子どもたちを日本に呼び寄せて一緒に暮らしたい!」と思った場合、どのような手続が必要となるでしょうか。

日本で外国人の方が生活するには、「在留資格」を取得する必要があります。

この「在留資格」には、長期間日本で生活してきたことで取得できる「永住者」や、通訳・翻訳の特技を活かして働くために取得できる「人文知識・国際業務」、コックの経験を生かして働くために取得できる「技能」といった就労資格など、様々な資格があります。

では、呼び寄せるご家族はどのような「在留資格」を取得する必要があるでしょうか?以下、2つの方法と要件をご説明します。

① 「定住者」の資格で呼び寄せる方法

ご家族を呼び寄せる外国人の方が「永住者」「定住者」「日本人配偶者等」であれば、ご家族を「定住者」の資格で呼び寄せることができます。

ただし、以下の制限があります。
・呼び寄せるのがお子さんの場合、15歳以下であること。
(18歳になると「定住者」で呼び寄せることができなくなります。)
・呼び寄せるのがお子さんの場合、仕送りなどをして扶養してきたこと。
・本国のご家族を養うことのできる充分な収入があること。

② 「家族滞在」の資格で呼び寄せる方法

上記の「定住者」のような制限はなく、各種就労資格か「留学生」の資格をお持ちの外国人の方は、ご家族が「家族滞在」の資格を取得すれば呼び寄せることができます。
ただし、ご家族を養うことのできる充分な収入があることが必要で、ここの部分は「定住者」よりも厳しく審査される傾向にあります。

「外国人と会社を経営したい。」「外国人を雇いたい。」とお考えのみなさんへ

「経営・管理」という新しい在留資格ができました!
2015年4月に「投資・経営」の資格がリニューアルされました。)

外国人の方が日本に来て働くには、原則として在留資格を持っていることが必要です。その在留資格の一つに「経営・管理」が新設されました。
この資格を持っている外国人は、日本の会社の取締役や雇用されている部長・課長などになることができます。
そのため、事業主の方は、外国人と一緒に会社を経営したり、管理職になってくれる外国人を呼び寄せやすくなりました。
☆これまでの「投資・経営」との違いは?
「経営・管理」新設前の「投資・経営」の資格では、外国資本を持ち込むことが要件となっていましたが、「経営・管理」ではこの要件がなくなりました。

☆他の資格との違いは?
例えば「技術・人文知識・国際業務」の資格だと大学又はこれと同等以上の教育を受けていることが必要となりますが、「経営・管理」には学歴の要件はありません。
<「経営・管理」の資格取得に必要な主な要件>
★経営又は管理について3年以上の経験(マネジメントに関わった経験)
★経営者・管理者に相応しい額の給与
★日本語力(日本語能力試験2級レベル)

行政書士法人あさひ法務【twitter】

行政書士法人あさひ法務【facebook】